アマゾンアフィリエイト報酬目的でブログを立ち上げたのですがなかなか成果がでませんでした。
ネットでいろいろ情報収集をし、ネット収入で世界を旅しているこちらhttp://travel-journal-tour.net/sample-page/の方に相談し、

http://www.jointpurchase.biz/lp/
http://www.netbusinesss.com/

この2つのプログラムに参加しました。

お二人とも、すごく親切で、ちゃんと対応していただけ、とても満足しています。
特にペット飼育は費用がかかるのでとても助かっています。
ネットでは名の知れた方のようなので、これからネットで何かやってみたい方にはぜひおすすめしたいです。
2か月前まではたった100万円しか入っていなかったのに^^

gazou

不況で収入が下がってしまい困っている人が多いと思ったので紹介させていただきました^^
いい加減な気持ちで紹介していると思われたくないのできちんと顔と身分を公開します☆

miya2 menkyo



さて、フクロモモンガのももくんが我が家にやってきて
そろそろ半年が経とうとしています。
思えば家にやってきた時より少しばかり大きくなったかな?という感じがあります。
半年が経った現在でもやはり手のり等は厳しく
手を差し出すと噛まれてしまう事が多いです。
健康管理をするのに少しばかり嫌がる事をする事もあるからでしょうか^^;
ですが本来フクロモモンガを飼育するのに
人間に慣らす必要はありませんし、私としても
触って一緒に遊べる様になればラッキー。
慣れなくても家族として一緒に暮らしていく覚悟はしていましたので、
特に落胆したり等もありませんね^^;

さてそんな我が家では以前、蚊帳の中でフクロモモンガを遊ばせているというのを紹介しましたが
その中に小さなキャットタワーを置いたりと工夫しています。
ですが、蚊帳のサイズが180×200センチの大きなサイズで
常に部屋の中に出しておくには邪魔な大きさでしたので、片づけてしまいました。
そうなると中々出す機会がなくなってしまうんですね^^;
出せても休みの日くらいでしょうか。
さて、そんな我が家で活躍しているのがズバリ!

ねこじゃらしです!
うちで使っているものは、猫ちゃんのおもちゃコーナーにある
2本で400円程度の棒にファー生地を巻き付けてある至ってシンプルなものです。
飾りのついた物等もありますが、噛みちぎられるのが怖かったので
シンプルで安い物を選んだのですが、これが大正解でした。
遊んでいると噛んでひっぱってくるのですが
そのうちにファーの部分だけとれちゃうんですね、コレ^^;
と言いますのもフクロモモンガってげっ歯類ではないものの
歯が鋭いので噛まれると穴あいちゃうし、
ポーチをつりさげてると、留め具のついてるベルト噛みちぎっちゃうんですよね…
かといってストレス発散できるかな?と購入して置いてあるかじり木の方は
そこまでかじってなくてただのステップと化しています^^;
なかなか人間の思惑通りには動いてくれず、
ポーチがすぐつぶれてしまうのでなかなかの出費です…
実は我が家では、ももくんをお迎えして1日だけ
床材の下にペットシーツを敷いていた事があったのですが、
こちらもかじられた上に食べると腸閉塞になるというリスクがあったので断念しました。
掃除の事を考えると敷いた方がいいのですが、
気にしちゃう子にはあまりオススメできない代物でした^^;
もちろん敷いていても気にしない子であれば敷いてあげた方がいいかな?と思います。
そんな感じで噛む力が強く、ねこじゃらしはすぐボロボロにされてしまいます…
でも遊んでる姿がまたとっても可愛いんですねー
ケージの外から差し込んで遊んでいるのですが、意地悪をして、
少しずつ離していくとそれを追いかけようと手を伸ばすのですが
横着をして動かないものですからもちろん届かないのですが
逆の手を逆の手をと左右交互に手を差し出す姿が、
「どすこい!どすこい!」と張り手をしているお相撲さんの様でとても面白いです^^

因みにフクロモモンガの遊ぶオモチャとして時々回し車が挙げられるのですが
我が家ではまだ置いたりしていないんですけどあまり遊ばなさそうかな、と思います。
というのも、夜になると一人遊びをしているうちのももくんですが、
その遊びというのがケージの決まった場所を飛び回り
ばったんばったん床に飛び降りる事なんですね。
(それはもう音はすごいです^^;夜になると「バタッ! バタッ!」という音が聞こえます)
そういうのを見ているとあまり回し車では遊ばないのではないかなーと思い、
買おうと思っていたのですがやめました。
個人的には上からロープでもつるしてあげた方がまだ遊ぶのでは、と思います。
先程ちらっと紹介をしましたが、蚊帳で遊ばせる際にキャットタワーですが
ドン・キホーテに売っている2000円もしない小さなものですが
ファーのついたボールがいくつかゴムひもでつりさげられているのですが
ももくんは蚊帳を伝い、ステップに後ろ脚をひっかけ
コウモリの様にさかさまになってそのボールで遊んでいるのをよく見かけます。
やはり動物って動く物を追いかけてしまうのですかね?
爬虫類なども生きた虫でないと食べないなんて話も聞いた事がありますし
フクロモモンガも野生では生きた虫を食べている様ですから、
動く物があると追いかけたくなってしまうのかもしれませんね^^
個人的に、蚊帳で遊べないお宅でおすすめできそうなのが、
ハムスターボールでしょうか。
といってもうちには蚊帳があるので購入はしていませんが、
ゴールデンハムスター等の少し大きめのハムちゃん用のハムスターボールでしたら
フクロモモンガでも入れるのでは…とは思います。
ただハムスターを飼って居たときに使っていたのですが
おしっこやうんちを中でしてしまうと空気穴から出ちゃうのがちょっと難点ですね。
出し入れが可能であればやはり蚊帳で遊ぶのが断然オススメです。
なんといっても一緒に遊べますし、靴下をはいてるとそれで遊んでる姿がとても可愛いです^^
もちろん足の指を間違えて噛まれちゃう事もありますが…
あとうちのももくんはスウェットが嫌いなのか、
スウェットを着て入るとめちゃくちゃあちこち噛まれます。
大体遊ぶ際には携帯ゲーム機と携帯を持ち込み、
あまり構いすぎない様にしているのですが時々ゲーム機を置いて見ていると、
ゲーム機の横でおしっこをされていたりという悲劇も置きます^^;
因みに構わずに放っておくと、肩や背中の上に「バシッ」と飛びついてきたりします。
可愛いですけどちょっとびっくりしますね。

と、今回はフクロモモンガとの私生活についてお話ししてみました!
今回はこの辺で失礼致します。
それではまた^^

5月

13

自宅でできる、犬のお手入れ

みなさん、愛犬のお手入れしていますか?

サロンに定期的に行っている人もいるかもしれませんね。

プードルやビションなど、毛のお手入れやカットが必要な犬種を飼っているひとはサロンに定期的にいかないと可愛くないヘアスタイルになってしまいますよね…。

 

うちの子はコーギーなのでカットといってもお尻をキレイに桃尻にしてあげるくらいですが…。

それでも1カ月に1回は爪切り、耳掃除、シャンプー、カットをしています!

あと足の裏、肉球の間の毛がすごく伸びるのが早いのでバリカンもしています。

 

私がしつけを担当していた犬の中には、飼い主さんがあんまり手入れしていない子がちょくちょくいました。

特にプードルの子は「お家でブラッシングしていないんだろうなぁ…」と見て分かる子が多かったです。

 

以前に担当していたプードルの女の子が、尻尾を触るとすごく嫌がったんです。

「尻尾ケガしてるんかなぁ?」って言いながら確認してみたんです。

そしたら尻尾の付け根に毛のもつれができていて、どうやらそれが原因でした。

 

飼い主さんにはそのことを伝えて、しばらくするとトリミングに連れて行ってくれました。

そしたら尻尾を触ってもなんにもなくって、やっぱりもつれが原因だったんです。

 

毛のもつれ、放置しすぎちゃうと皮膚が悪くなったりかさぶたになったりするんです。

サロンに定期的に行く方なら大丈夫かもしれませんが、あんまり行かないって人は愛犬のブラッシングをお家でしてあげてくださいね。

 

ブラッシングしているだけでもコミュニケーションが取れるので、手を触られるのが苦手なんだとか、尻尾を触られるのが苦手なんだとか、そういったことも分かるのでオススメです。

 

あと、ブラッシングもそうなんですが、爪切りと耳掃除、しないひと多いです…。

友人がしつけを担当していたアメリカンコッカーの子、耳がすごく汚かったです。

たぶんあれくらいになると耳の病気だと思います…。

 

耳の病気になりやすいのは、垂れ耳の子です。

耳でフタをする形になっちゃって、耳の中が蒸れるんです。

 

耳の病気になっている子のお手入れ、とりあえず耳掃除する人が多いんですが、耳が悪い状態で綿棒つっこんで掃除しちゃうと、血が出たりとかして余計悪化するんです。

 

なので、耳の病気で汚れがひどい時は、まず病院で診てもらって、家でお手入れするときは、良くなるまで綿棒使わないほうがいいです。

 

イヤークリーナーっていう、犬の耳掃除するときに綿棒に付ける液体があるんですけど、それを耳の穴にダイレクトに入れて、耳をクチュクチュもむんです。

揉んだら離して、ブルブルさせてあげてください。

 

めっちゃ耳垢が飛んできます。

なので、ブルブルさせるときは離れたほうがいいです…。

かかったことがあります…。

 

この方法は猫でもできるので飼い猫が耳の病気ならやってみてくださいね。

耳がたっている子のほうがめっちゃ飛んできますよ…。

 

たぶん病院にいったら薬出されると思うので、それを続けて良くなってきたら綿棒を使って掃除してあげてください。

 

私の経験上、軽い耳の病気ならこれで早ければ1カ月で治ります。

まぁ耳の病気の種類とか進行状況で変わりますが…。

 

でも耳の掃除は本当にどの犬種でもやってあげてくださいね。

あとは爪切り!

 

うちのコーギーは爪切りが嫌いなので、というか足を触られるのが嫌いなので、爪切りをすると噛んできました。

それでも続けていたら本人も諦めたのか、今は唸るけど時間がたてばあくびしながら頑張って我慢してくれます。

 

あくびは緊張しているってことですからね。

嫌なこととか苦手なことするときはうちの子はいつもあくびします…。

 

爪切りをしないと爪の中にある血管が一緒に伸びてくるので、伸びすぎると血管も一緒に切らないといけなくなります。

愛犬が血だらけになりながら爪を切られる姿、見たくないですよね。

 

たまに「血管も切っちゃってください」って普通に言ってくる飼い主さんがいるんですけど…。

犬、かわいそうだなって思いました。

ちょっと呆れましたけどね、その時は…。

 

爪切りと耳掃除は本当に大切なんで、愛犬を大切に思うならやってほしいです。

 

あと、白系のカラーの犬を飼っている飼い主さんによく相談されるのが、涙やけなんです。

涙がよく出る子は、目の下に色がついちゃって、茶色っぽく涙やけができます。

 

めやにがでる子もいますね。

めやにが固まったやつを無理やり取ると痛いですし、その部分ハゲます!

なのでめやには固まる前に気付いたら取ってあげてくださいね。

 

涙やけは、色を薄くすることができます!

毎日か2日に2回くらいの頻度でやらないと効果はないですが、まずコットンを濡らして、涙やけを拭きます。

コットンが茶色っぽくなると思います。

 

それができたら、ドライヤーで拭いた目元を乾かしてください。

これを繰り返せば色が薄くなりますよ!

 

他にも涙が良く出る子は、フードが合ってないのかもしれないです。

なので愛犬の涙が気になる方は、フードを変えてみてくださいね。

涙やけ用フードとかありますよ!

 

お手入れってすごく大変だしめんどくさいです。

 

私の愛犬はコーギーでダブルコートなので、洗って乾かすの本当に時間かかります…。

でもキレイになったときの可愛さはハンパないです。

清潔なほうがにおいもしないですし、なにより健康ですからね。

 

多くの飼い主さんがある程度のお手入れができるといいなと思っています。

4月

13

犬の褒め方や叱り方、しつけは家族全員で

今日は犬の褒め方や叱り方についてお話したいと思います。

 

しつけの相談にいらっしゃる飼い主さんによく相談されたのが、

褒め方や叱り方がわからないということです。

 

「本に書いてあったように、目を見て黙る叱り方しているんですけど~」とか

「褒める時はなでていて、うちの子も喜んでくれてるんで大丈夫です」とか

もちろん、それで本当に効果のある子もいます!

 

でも「それじゃ効果ないというか、むしろ逆効果なんだよなぁ…。」

という時もあります。

 

「どうやって褒めたらいいんですか?」とか「どうやって叱ったらいいんですか?」って

聞かれますけど、犬の褒め方や叱り方ですが、犬によって違います。

同じやり方でも、効果がある子もいれば、ない子もいます。

 

「人間が性格違うみたいに犬も性格違うんですよ~」って飼い主さんには

そのことを先に話してます。

 

子供がいる人とかはよくわかると思うんですけど、

「褒めたら伸びる子」もいればそうじゃない子もいますし

「叱ったら落ち込む子」もいればそうじゃない子もいます。

 

私の飼っている8歳のコーギーは、褒める時「上手」とさらっと言うだけで、

自分が褒められていると分かってくれます。

逆に叱る時は「あっ」と言うだけで、自分が叱られているとわかってくれます。

 

でもしつけをしていて、褒めるより叱る頻度が多いと、

明らかに落ち込みます(笑)なのであんまり叱らないようにしています。

褒めて伸びる子ですね(笑)

 

他にも、言葉がなくても褒めたり叱ったりできる子もいます。

私が前にしつけをしていた2歳のプードルは、1歳が過ぎてからしつけを始めました。

その子はしつけを始めて1年くらいでマテと言って違う部屋に行ってから

ちょっと時間がたって戻ってきても、ちゃんと待てるまでになりました。

 

その子は褒める時、なにも言わなくても

拍手しただけで自分が褒められていることがわかります。

ピョンピョン跳んで喜びます(笑)

 

逆に叱る時は舌打ちをするだけで自分が叱られているとわかってくれました。

明らかに落ち込みました~みたいな顔してましたね。

 

そして、この子は褒めすぎると調子に乗るタイプでした(笑)

調子に乗ってワガママになりました。

元々すごい臆病な子だったんですけど、根は頑固と言うか、ワガママみたいで…。

成長していくうちに性格変わりました。

 

とはいっても私は結構気持ちが表情に出る方なので、

褒めている時はすごく笑顔で、叱っている時は結構しかめっ面です(笑)

 

他にしつけをした犬だと、大げさに「うまいね~!すごい!」と

声を大きくしないと自分が褒められているとわからない子もいました。

叱る時も大げさじゃないとわかってくれなかったです。

 

でもこれは、本当に犬の性格によります。

たとえば、よく飼い主さんの顔を見る犬は、人間の表情をよく見て行動できる子です。

そういう子は、大げさに褒めたり叱ったりしなくても、

飼い主さんが笑顔なのか、しかめっ面なのかということだけで

飼い主さんの気持ちをわかってくれます。

 

逆に表情から人間の気持ちを見られない犬は、声のトーンとか大きさで判断します。

 

飼い主さんが表情豊かであれば、犬もよく表情を見てくれるかもしれませんね。

 

でも褒め方や叱り方ってすぐには変えられないですよね。

前にしつけ担当していた犬で、

落ち着いて褒めたり叱ったりするほうが効果がある犬がいたんです。

 

それを飼い主さんに伝えたんです。

「家で褒める時とか叱る時は、落ち着いてやると効果があるので、やってみてくださいね。」

って。

 

でも飼い主さんが犬のお迎えにきた時に、近くにいた他の犬に向かって吠えたとき、

「こら!ダメやろ!」と大きい声で叱っていたんです。

そしたら飼い主さんの犬、さらに興奮しちゃって吠えまくってました…。

 

なかなか「こうしてくださいね」って言っても、すぐには変えれなくて、

意識するって難しいんですね。

 

しつけは犬だけの問題じゃなくて、飼い主さんの問題でもあるんです。

飼い主さんが大きい声だすことで余計に興奮しちゃってヒートアップ…。

 

しつけって本当に時間かかるし、むずかしいです。

 

あと、しつけ相談にくる飼い主さんと話していてよくあったのが、

家族のだれかしかしつけしてないんです。

 

たとえばお父さんとか、お母さん。

私がずっとしつけ相談を担当していた飼い主さんは、

最初は夫婦で犬を預けに来てくれました。

 

朝、連れてくるときはお母さん。

夕方、迎えに来るのはお父さん。

 

でも、数週間たつと朝も夕方もお父さんになっていって

話を聞いていても、お父さんしか自宅でしつけをしていないんです。

 

最初はお母さんも頑張ってくれたのに…。とちょっと寂しかったのですが、

今はしつけ担当はお父さんみたいです。

 

でもそうなってくると、お父さんの言うことしか聞かないとかになっちゃうんですよね。

しつけは本当に、誰かができるだけじゃダメです…。

家族みんなができないと意味ないんです。

 

うちのコーギーも私の時はできるけど、他の家族はしないとかありました…。

コツを教えたりしてなんとかみんなできるようになりました。

 

しつけは家族で協力してこそですね。

 

難しいけれど、コツを掴めば楽しいです。

飼い主さんにも楽しさを知ってほしいです。

4月

10

犬を飼って後悔しないように

犬を飼ってから、後悔したという話をよく聞きます。

思ったより手がかかるから、問題行動が直らないから、可愛くないから、と理由はさまざまです。

 

他にも、子供がアレルギーになったとか、先住犬と仲が悪いからといって里親に出す人もいます。

子供がアレルギーなら飼うなよ!って思う方もいると思いますが、

私はアレルギーは本当に仕方ないと思います。

 

私はうさぎとモルモットがアレルギーですが、うさぎもモルモットも飼っています。

 

飼って2年したくらいに突然アレルギーになりました。

飼う前や飼ってからの2年間は何にもなかったんです。

 

うさぎアレルギーの人は猫アレルギーにもなりやすいそうですが、うちには猫もいます。

今のところ幸いにも猫に対してアレルギー反応は出ていません。

 

毎日アレルギー性鼻炎と結膜炎と戦っています。

妊娠したときは助産師さんに「里親に出せないの?」って言われました。

それを言われたとき「は?」って思いました。

 

私はアレルギーになってから2年たちますが、この子達を手放すつもりなんてありません。

自分が「飼う」と決めて飼っているんです。

 

でもそういうわけにはいかない人もいるんですね。

動物アレルギーってひどいと呼吸困難になったりします。

症状の重さによっては里親に出さないといけない人だっているんです。

 

私は自分も動物アレルギーなのでアレルギーが原因で里親に出す人の気持ちがわからなくはないです。

 

さて、犬を飼って後悔した人にはいろんな理由がありますが、後悔しないための犬を飼う際に注意することをお話します。

 

まず、犬を飼うには当たり前ですがお金がかかります。

どれくらいのお金がかかるか知っていますか?

 

登録費用や狂犬病の予防接種などから、ゲージなどの生活用品まで含めると

飼い始めで6~8万円はかかります。

それから生活費や医療費がかかり、毎年10万円以上はかかります。

 

思ったよりお金がかかるなって思いましたか?

でもこれは最低金額なので、犬種によっては定期的にトリミングに行かなければいけないので

もっとお金がかかります。

 

次は環境です。

家族や一緒に住んでいる人は犬は好きですか?

自分が仕事などの用事で面倒が見れない時、家族に頼まないといけません。

 

あとは賃貸であればペット可であるかどうかです。

内緒で飼っていて見つかった時、犬はどうしますか?

最初から飼えない環境であれば、飼わない方が犬や自分のためになります。

 

他にも、毎日散歩や掃除ができるかも考えてくださいね。

 

そして、先住犬がいる人は、飼う前に先住犬や飼う予定の犬を会わせておいた方がいいです。

最初からお互い相性が合わないのであれば、飼う予定の子はやめておきましょう。

 

先住犬と相性が合わないからと里親に出している人がいます。

飼う予定の犬が好意的でも、先住犬がそうでない場合もあります。

なので多頭飼いをされる方は絶対に先住犬と飼う予定の犬を会わせておいてくださいね。

 

もちろん、先住犬だけじゃなくて、猫など他の動物にも気を付けてください。

 

ちゃんとお金もあって、自分が飼える環境にあるから

いざ犬を飼おうとなった時に注意してほしいのは犬種選びです。

 

かわいいとか見た目だけじゃなくて、犬種独特の性格も理解した上で飼ってくださいね。

 

たとえば最近流行のポメラニアンですが、ポメラニアンはよく吠える子が多いです。

CMで可愛いからと飼う人が増えましたが、気が強くわがままな子が多い上によく吠えます。

吠え癖がつかないよう、積極的にしつけができる方にはいいですね。

 

他にもチワワですが、チワワも可愛いですよね。

小さくて室内犬としてはとても飼いやすいですが、チワワもよく吠えます。

さらに、噛む子も多いです。

 

チワワは犬種の性格的に、とっても臆病なので自分が怖い目に合うと思ったとき

反射的に攻撃的な態度を取るんです。特に小さな子供だとおもちゃのように接するので

噛まれたりしてしまうかもしれません。

なので小さな子供がいる家庭には少し向きません。

 

他によく飼われているのは柴犬やダックス、トイプードルですね。

 

柴犬は認めた人に対してはよくなつきます。

上下関係をきちんと理解させていないとなめられてしまいます。

また、デリケートな子や気が強い子も多いです。

 

私の近所に柴犬結構いるんですが、みんな割とポッチャリです。

体調管理もしっかりしてあげてくださいね。

 

ダックスは、飼っている方とても多いですよね。

ダックスは好奇心旺盛で、とても元気でパワフルです。

なので、しつけをきちんとしておかないとイタズラなどもします。

落ち着きのある犬種がいい方には少し向かないかもしれませんね。

 

最後にトイプードルですが、飼っている人は断トツで多いです。

カラーバリエーションが豊富な上に、いろんなカットが楽しめるので

オシャレでかわいいもの好きな女性には特に人気です。

 

割と人懐っこくしつけもしやすいですが、性格はさまざまです。

攻撃的な子もいれば、臆病な子もいます。

なので、飼ってからの環境で性格が大きく変化します。

 

また、定期的なトリミングが必要なので、

定期的にトリミングに連れて行けない方には少し向きません。

 

また、チワワはチワワでも、毛の長い子と短い子がいるので

もし自分でシャンプーしたいけど毛が長いと大変かな?と不安な方は

毛の短い子が良いと思います。

 

以上が人気の高い犬種ですが、犬種によって性格もさまざまです。

もちろん今回紹介した犬種すべてがこういう性格だとは限りません。

飼う環境や飼い主さんによって性格が変わります。

 

なので、どういう犬種が自分に向いているのかを考えてから犬を飼ってくださいね。

そして、ショップやブリーダーで飼う際に、相手に相談してみてください。

 

特にブリーダーさんは知識が豊富ですし、生まれた時からその子達を見ているので

ある程度の性格もわかっています。

 

しかし、悪徳なブリーダーの場合はそうはいきません。

本当にそこがしっかりとしたブリーダーなのか調べてみてください。

犬舎見学をしていて疑問に感じたことは素直に聞いて、ちゃんと答えてくれるかも

気にしてみてくださいね。

 

そしてショップだと、ちゃんとしたところに行くのがオススメです。

ショップ内の清掃が行き届いているかはもちろん確認してくださいね。

 

ショップによっては全く知識のない店員さんばかりのところもあるので

ショップに行く際は自分である程度犬種の下調べなどをして知識を蓄えてから行った方がいいです。

知識のないアルバイトが働いていること、結構あります。

 

ショップやブリーダー選びからこだわってくださいね。

 

チワワは噛まないと思ってたのに、とか、友達の家のダックスは大人しいのに、とか

そういった先入観で犬を選ぶとあとで後悔してしまいます。

 

自分のためにも、犬のためにも、後悔しないように犬を飼う時はいろんな面で気を使ってくださいね。

4月

10

動物専門学校の実態や1日のスジュール

私の通っていた専門学校には

犬のトレーニング、トリミング、動物看護、ビジネス、セラピーといったコースがありました。

 

学校では15頭ほどの犬が飼育されており、朝と夕方に犬舎やトイレの掃除、食事などを

生徒がローテーションで担当していました。

 

他の専門学校では猫や珍しい動物などが飼育されているところもありますが、

私が通っていた学校は犬のみでした。

 

私は犬のトレーニングをするコースに在籍していました。

 

月曜日から金曜日までの5日間、朝の9時15分から3時半までが授業で、

高校のように10分の休憩時間やお昼休みもありました。

 

時間割は決まっていて、週に4日間はトレーニング、動物看護、

マナーの勉強、就職活動についての授業などを行い、1日だけトリミングをしていました。

 

トレーニングは、学校にいる犬だけでなく、

一般の飼い主さんからも犬を預かりトレーニングをしていました。

 

週に1日の通学制で、授業に協力してくれるのでお金はいただきません。

 

一般の飼い主さんには本当にお世話になりました。

お世話になったと同時に、とてもいろいろなことを学ばせてもらうことができました。

 

私が預かり担当していた犬だと

「トイレを覚えさせてほしい」や「吠え癖を直してほしい」などの相談がありました。

 

まず「トイレを覚えさせてほしい」という犬は、

自宅にトイレを置いていてもいつも失敗してしまうそうで、成功させたいとの相談でした。

 

この子のトレーニングは、預かってすぐにまずはトイレに連れて行き、

飼い主さんに持ってきてもらっていたトイレシーツにトイレをさせていました。

 

この時に「ピッピ」や「トイレ」など何でもいいので特定の声かけをします。

この子の場合は「ピッピ」だったのですが「ピッピ」という

声かけ=「トイレ」と覚えさせることで、この声かけがする時はトイレをする時間だと認識させました。

 

これが定着してくると、外出先で犬にトイレをさせたい時、

トイレシートを置き「ピッピ」と声かけをするだけでシートの上でトイレをしてくれます。

 

この子の場合、学校という場に慣れずなかなかトイレをしてくれなかったので、

覚えるのにすごく時間がかかりました。

 

しかし担当についた当初よりも、トイレの成功率が増え、嬉しかったです。

 

次に「吠え癖を直してほしい」という相談の犬ですが、

しつけにとても熱心な飼い主さんでいつも私の話やアドバイスを真剣に聞いてくださりました。

 

毎週会うたびに「こんなことがあった」と変化を話してくれます。

アドバイスをした翌週は「あのアドバイスやってみたんですけど上手くできなくて」と

しっかり自宅でも試してくれていました。

 

この子のトレーニングですが、まず学校という人と犬が多い場に慣れてもらうことから始めました。

犬によっては、慣れない場所でさらに飼い主さんがいないところでは猫かぶって吠えないんです。

 

飼い主さんがリードを持っている時は強気になって吠えるんですけど、

私がリードを持っている時は猫かぶってるので吠えないんですね。

 

もちろん、飼い主さんと私に対する信頼の差もありますが。飼い主さんの方が絶対に信頼していますからね。

 

たとえば人より先に歩く、ひどいとリードを引っ張る時は、それがダメであるということを教えます。

 

「ダメ」や「ノー」など何でも構わないので、

「ダメ」というかけ声=今している行動がダメなんだと認識させます。

 

なので、まずは「ダメ」という言葉を覚えるようトレーニングしました。

これが定着してくると、吠えているときに「ダメ」と言うだけで吠えるのをやめます。

 

しかし、これらが学校で成功しても飼い主さんが成功しないと意味ないんですよね。

そうなると飼い主さんと私たち学生とのコミュニケーションが本当に大切になってきます。

言葉で伝えるのって難しいんだな、と感じましたね。

 

それでも、飼い主さんに喜んでほしくて一生懸命トレーニングしていました。

すると1度、担当していた犬の飼い主さんからお手紙をいただきました。

 

いつも学校での様子を詳しく教えてくれたりして預けるのも安心する。と書いてありました。

それは感謝の手紙で、これをいただいたとき、

この学校に来て一生懸命トレーニングしてよかったなと心から感じました。

 

トレーニングの授業では、これからどうトレーニングを進めていくのか

生徒が飼い主さんと話し合いトレーニングします。

 

その中で上手くいかないことがあったり、疑問があればトレーナーの先生に相談します。

そしてアドバイスをもらい、さらにトレーニングを進めていきます。

 

こうした形でトレーニングの授業を行います。

 

トリミングの授業では、ブリーダーさんの犬と一般の飼い主さんの犬を預かりトリミングします。

 

ブリーダーさんから預かる犬は、ほとんど同じオーダーです。

一般の飼い主さんから預かる犬は、飼い主さんからオーダーを聞きトリミングを行います。

 

ほぼ1日かけて行います。

基本的な道具の使い方からカットの方法まで、現役のトリマーさんが教えてくれます。

 

なかなか上手くできないこともありますが、キレイになった犬を見て喜んでくれる飼い主さんを見ると

トリミングの楽しさを感じますね。

 

その他、動物看護や資格取得のための授業は座学です。

動物看護士の先生が教えてくれます。

 

こんな感じで学校生活を過ごしています。

 

2年間、とても楽しかったです。

 

特に、飼い主さんとのコミュニケーションが取れたことは、

今時の飼い主さんがどんなことで悩んでいるのかがわかりましたし、

自分のコミュニケーション能力が上がったと思います。

 

コミュニケーション能力を上げることは、就職してからも役に立ちます。

 

これから動物の専門学校へ進学しようと考えている人に学校選びのポイントとして言いたいのは、

その学校で技術や知識以外のことが身につくかどうかを見て学校選びをしてほしいです。

 

結局学校に行っても技術や知識はあるのに就職できなかったじゃ意味ないですよね。

 

学校に行ったことで、技術や知識を得ることはもちろんですが、他の面で何が身につくのか考えてほしいです。

 

私の通っていた学校の場合、コミュニケーション能力が身につきました。

これが就職活動だけでなく、就職してからも役に立ちました。

 

飼い主さんと話す時に、どれだけ技術や知識があっても伝えられなければ意味がないです。

 

学校はたくさんありますが、どこも最終目標は自分の行きたいところに就職する、です。

それが叶う学校はどこなのか、しっかり考えてから学校選びをしましょう。

4月

10

個人で簡単に一人でできる犬のしつけ、トリミング、アトピーとアレルギー体質のため体調管理の方法

■しつけについて

今日は、お家でも1人でできるしつけのお話をします。

 

2年間、いろんな犬と飼い主さんに出会って、お話して、しつけをしました。

しつけは、飼い主さんの協力があってこそだと思います。

だからこそ、トレーナーさんに預ける前にお家でも自分でしつけをやってみてくださいね。

 

しつけをする時は、自分の声と表情に気を付けてくださいね。

犬は人間の声の大きさとか、高さ、表情で相手の気持ちを読み取ります。

たとえば、オスワリができて褒める時に、いつもより

高い声で、笑顔で、褒めてみてください。なでたりしなくても喜びます。

 

逆に注意をする時に声を低くして真顔で注意してみてください。

ちょっとしょんぼりした感じがしませんか?

 

人間をみて行動できる子は、声に出さなくても表情だけで

私がなにを思ってるのかわかりますよ。

 

うちの犬は割と人をみて行動できる子なので、イタズラとかしたときに

真顔でじーっと見つめてたら、すごく申し訳なさそうにします(笑)

逆に新しい一発芸を教えていて、できた時に「お!」って言って笑顔にすると

めっちゃ喜びます(笑)

「良い子だね~」って言わなくたって、「お!」だけで伝わるんですよ。

吠えている時に目を合わせて、わざと眉間にシワ寄せただけで

吠えるのやめる子とかもいましたからね。

犬ってすごいですよ。

 

お家でもししつけをするなら、そういうところにも気をつけてみてください。

 

では、問題行動をなおすしつけ法を簡単にご説明します。

 

1つ目に吠える、ですが

吠えているときの犬は興奮状態にあるので、オスワリやフセなど何でもいいので

犬に指示を出します。落ち着いて指示に従えて吠えるのをやめたら褒めてあげましょう。

おやつをあげてもかまいません。

 

そうすることで「吠えるのをやめて指示を聞けば良い思いができる」と犬が覚えます。

そして吠えることをやめていくようにします。

 

2つ目にトイレのしつけ、ですが

トイレの場所は決めておきましょう。頻繁に変えるものではありません。

家にケージがある場合は、ケージに入れ、トイレができたら褒めて出してあげましょう。

これを何回も繰り返すことが大切です。

失敗経験が多くなると、犬が落ち込んでしまうので、余計に失敗してしまいます。

 

万一、犬がトイレを失敗した場合、何も言わずに片づけましょう。

怒ったり声をかけたりせず何も言わずに片づけてください。

 

そうすることで「なんで何も言わないんだろう?」と犬が考えます。

 

なんせ、成功体験を増やしてあげてください。

成功した時はいつでもいっぱい褒めてあげてください。

 

3つ目に噛み癖、ですが

まずは噛ませないことが大切です。

噛むことが習慣付いていくことは良くありません。

噛まれるタイミングがわかっているのであれば、噛ませないように

気をつかってください。

 

本当に簡単にですが、困る方が多い3つの問題行動の対処法をご紹介しました。

しかしこれらで直るとは思わないでください。

 

問題行動を直すのには時間がかかるものなのです。

いろんな方法を試してみて、時間をかけて直していきましょう。

 

■トリミングについて

 

犬のトリミングについてですが、カットは特にハサミやバリカンを使うので危険です。

絶対に自分ではやらないでください。

サロンなどでカットはお願いしましょう。

 

それでも自分でやっておいた方がいいものは

耳掃除、爪切り、ブラッシングです。

 

耳掃除や爪切りは、病気を防ぐために必要なことなので定期的に自分で行いましょう。

 

ブラッシングも、毛がもつれやすい子は定期的にやってください。

もつれをそのままにすると、下でかさぶたができたりしてしまうので

もつれができないように定期的に行いましょう。

 

カットやバリカンは知識や技術がないと必ず失敗しますし、なにより愛犬に怪我をさせる可能性があるので、お金を払ってでもサロンでやってもらってください。

 

 

■アトピーとアレルギー体質のための体調管理について

 

うちのコーギーは子犬の頃からアトピーです。

さらに、鶏ささみのアレルギーがあり、他にも最近食物アレルギーがでてきました。

 

子犬の頃、毛がスカスカで毛艶も悪かったです。

病院で聞いてみると、アトピーとアレルギーということがわかりました。

 

それがわかってから、まずフードやおやつを変えました。

アレルギーの子でも食べられるフードに変え、おやつもササミ以外のものを与えました。

 

すると毛量も増え、毛艶も良くなりました。

今では周りの友達に褒められる毛です。

元々ショータイプの家系だったので、血統上は毛量などとてもよかったので

ケアすることで十分キレイになりました。

 

そんなうちの子ですが、最近、新しいアレルギーがあるようで

アレルゲンを特定中です。

 

アレルギー症状ですが、耳の内側が赤くなり、耳垢がとても増えました。

コーギーなどの立ち耳の犬種は耳垢が少ない子が多いですし

うちの子は特に定期的な耳掃除をしても割とキレイな方でした。

 

なのでまず、与えているおやつが数種類あるので、ひとつずつやめてみて

症状が収まっていないか確認します。

 

もしおやつを2種類与えていたとします、1種類だけやめてみてください。

症状がやわらいだり、なくなった場合はやめたおやつの中に

アレルゲン物質が含まれているということになります。

 

アレルギー症状は他にも顔がはれたりすることもありますので

毎日犬の体調チェックはかかさないでください。

 

耳も、毎日見ておかないとなにかアレルギーになって反応が出た時に気付かない可能性があります。

 

 

また、フードも涙やけを減らすもの、毛の質をよくするものなど

さまざまな症状に適したものが売られているので、もし愛犬に気になる症状がある場合は

フードを変えてみましょう。

 

アレルギーが分かっている子は病院で変えるフードがそれでいいのか確認してくださいね。

 

4月

10

ペットのビシネスの資格の取り方について

私が持っているペットビジネスの資格の取り方についてお話します。

ペットに関する資格はたくさんありますが、私は「愛玩動物飼養管理士」と「家庭動物管理士」と「ペットフードマナー」という資格をもっています。

全部専門学校で取得したものですが、これらの資格の取り方についてお話します。

 

まず「愛玩動物飼養管理士」です。

この資格は、犬だけじゃなくて動物の習性とか、飼い方、動物に関する法律とかを勉強します。

 

ペット系のお店で仕事をする時とかは、動物の取り扱い業の登録と、

取扱責任者の選定が必要なんです。それには環境省が決めている

3つの決まりごとのうちどれかを満たしてないとできないんですね。

その中に「所定の資格を持っていること」っていうのがあるんです。

この資格は所定の資格に入っているので、持っていると動物業界の仕事を探す時とかに役立ちますよ。

 

私は2級を持っているんですけど、2級は18歳以上ならだれでも受験できます。

1級は2級持ってないと受けられないです。

あと、勉強している期間中に講習会受けないといけないです。

学校に行ってなくても、一般の人も受けることができます。

 

もうこの資格は繰り返し繰り返し勉強するだけです。

実技とかあるわけじゃないし・・・。

この資格、仕事のためにとかじゃなくて、自分が動物を飼ってて

「もっと動物のこと知りたい!」って自分のペットのために飼う人が増えてきてる

って教材にも書いてました。その通りか、試験場に行ったら結構いろんな人がいました。

もちろん学生もいたし、主婦っぽい人もいればサラリーマン風の人も。

 

合格率は毎年だいたい80%くらいです。

ちゃんと勉強していれば絶対受かります。

私の友達で落ちた子って「絶対落ちるからもういい~」とか

諦めて勉強してない子くらいしか落ちてなかったです。でもこの資格、合格して

そのあと認定のお金払って認定貰わないと「資格取れた」ってことにならないです。

正直、お金が思っていたよりもかかるから絶対受かりたいと思ったところもあって頑張りました(笑)

 

認定もらったらバッヂが貰えましたよ。

 

 

次は「家庭動物管理士」です。この資格は生体販売をする人向けです。

簡単に言えば、お客さんにどんなアドバイスをしておいたらいいかとか、

飼育と管理の仕方とかを勉強します。

これは愛玩よりも簡単でした。

というか、愛玩で勉強したことと似たようなことが多いので

愛玩覚えていたから全然大丈夫でしたね。

 

この資格は受験資格があって、大雑把に言えば「ペット業界で働きたい人」が受験資格です。

すごい大雑把ですから受ける時はちゃんと確認してください(笑)

 

次はペットフードマナーですね。

これは名前の通り、ペットのフードに関する資格です。

どういう種類のフードがあるのかとか、とりあえず基本はご飯のことです。

 

私はフード系のことに興味があったので、資格取る前からいろいろと調べてたんですけど

私の知っている範囲では、最近のペットはグルメな子が多いです。

ウェットフード、いわゆる缶詰しか食べないとか、

友達の犬は「手作りフードしか食べない」って言ってました。

カリカリのドライフードを食べられないなんて信じられないです。

 

うちのコーギーはカリカリ大好きですよ。

飼っている子が犬でも猫でも鳥でも、どの動物でも、もしもその子が病気になって

病院からご飯を指定されたら、それが好き嫌いで食べられないかもしれないって

病気の悪化止められないですからね。

 

人間みたいに「好き嫌いしたらダメ」とか「このご飯食べないと病気になるよ」って

言えば食べるならまだしも、動物には言葉が伝わらないですからね。

だから「良いものを食べさせてあげよう」とか「好きなものを食べさせてあげよう」とか

そういう事を思って愛情を注ぐのは悪い事じゃないですけど

なんでも食べられる子にしとかないと、いざという時に本当に困ります。

 

話がそれましたが・・・。

この資格は、ほとんど犬のフードに関しての内容になるので犬を飼ってらっしゃる方は

勉強してみてもいいんじゃないかなと思います。

 

この3つの資格はペットビジネスに関係するものです。

ペット関連の資格はこれ以外にも結構あります。

この3つのうちのどの資格がいいかと聞かれると、

もちろん有名なのは愛玩動物飼養管理士です。

 

動物業界の関連の求人とか見ていても、愛玩は結構書いていたりするんです。

家庭動物とペットフードマナーは、ペットショップの店員さんなら

結構役立つんじゃないかなと思います。

 

他にもドッグトレーナーの資格は持っていますが

正直持っていても持っていなくてもトレーナーさんにはあんまり影響ないです。

トリマーさんも資格持ってるからとかじゃないと思います。

たぶんこの2つに関しては経験と腕の問題だからですかね。

才能とかもあるし・・・。

 

資格持っているのに、すごい下手なトリマーさんもいれば

資格持っていないのに、すごい上手いトリマーさんもいます。

もちろんトリマーさんにも知識は必要ですよ。

でも最後は腕の問題です。あとセンスですね。

 

動物看護士さんとか獣医さんとかブリーダーさんは実務経験とかもありますけど

絶対知識の方を重視するべきだと思います。

 

動物を飼う時とか、病院に連れていく時とか

とにかく動物が関わるお仕事をするなら

業種によっては資格の有り無しが重要かどうか変わってくるので

取れそうなやつは取ってもいいと私は思います。

4月

10

自宅でできる、犬のお手入れ

みなさん、愛犬のお手入れしていますか?

サロンに定期的に行っている人もいるかもしれませんね。

プードルやビションなど、毛のお手入れやカットが必要な犬種を飼っているひとはサロンに定期的にいかないと可愛くないヘアスタイルになってしまいますよね…。

 

うちの子はコーギーなのでカットといってもお尻をキレイに桃尻にしてあげるくらいですが…。

それでも1カ月に1回は爪切り、耳掃除、シャンプー、カットをしています!

あと足の裏、肉球の間の毛がすごく伸びるのが早いのでバリカンもしています。

 

私がしつけを担当していた犬の中には、飼い主さんがあんまり手入れしていない子がちょくちょくいました。

特にプードルの子は「お家でブラッシングしていないんだろうなぁ…」と見て分かる子が多かったです。

 

以前に担当していたプードルの女の子が、尻尾を触るとすごく嫌がったんです。

「尻尾ケガしてるんかなぁ?」って言いながら確認してみたんです。

そしたら尻尾の付け根に毛のもつれができていて、どうやらそれが原因でした。

 

飼い主さんにはそのことを伝えて、しばらくするとトリミングに連れて行ってくれました。

そしたら尻尾を触ってもなんにもなくって、やっぱりもつれが原因だったんです。

 

毛のもつれ、放置しすぎちゃうと皮膚が悪くなったりかさぶたになったりするんです。

サロンに定期的に行く方なら大丈夫かもしれませんが、あんまり行かないって人は愛犬のブラッシングをお家でしてあげてくださいね。

 

ブラッシングしているだけでもコミュニケーションが取れるので、手を触られるのが苦手なんだとか、尻尾を触られるのが苦手なんだとか、そういったことも分かるのでオススメです。

 

あと、ブラッシングもそうなんですが、爪切りと耳掃除、しないひと多いです…。

友人がしつけを担当していたアメリカンコッカーの子、耳がすごく汚かったです。

たぶんあれくらいになると耳の病気だと思います…。

 

耳の病気になりやすいのは、垂れ耳の子です。

耳でフタをする形になっちゃって、耳の中が蒸れるんです。

 

耳の病気になっている子のお手入れ、とりあえず耳掃除する人が多いんですが、耳が悪い状態で綿棒つっこんで掃除しちゃうと、血が出たりとかして余計悪化するんです。

 

なので、耳の病気で汚れがひどい時は、まず病院で診てもらって、家でお手入れするときは、良くなるまで綿棒使わないほうがいいです。

 

イヤークリーナーっていう、犬の耳掃除するときに綿棒に付ける液体があるんですけど、それを耳の穴にダイレクトに入れて、耳をクチュクチュもむんです。

揉んだら離して、ブルブルさせてあげてください。

 

めっちゃ耳垢が飛んできます。

なので、ブルブルさせるときは離れたほうがいいです…。

かかったことがあります…。

 

この方法は猫でもできるので飼い猫が耳の病気ならやってみてくださいね。

耳がたっている子のほうがめっちゃ飛んできますよ…。

 

たぶん病院にいったら薬出されると思うので、それを続けて良くなってきたら綿棒を使って掃除してあげてください。

 

私の経験上、軽い耳の病気ならこれで早ければ1カ月で治ります。

まぁ耳の病気の種類とか進行状況で変わりますが…。

 

でも耳の掃除は本当にどの犬種でもやってあげてくださいね。

あとは爪切り!

 

うちのコーギーは爪切りが嫌いなので、というか足を触られるのが嫌いなので、爪切りをすると噛んできました。

それでも続けていたら本人も諦めたのか、今は唸るけど時間がたてばあくびしながら頑張って我慢してくれます。

 

あくびは緊張しているってことですからね。

嫌なこととか苦手なことするときはうちの子はいつもあくびします…。

 

爪切りをしないと爪の中にある血管が一緒に伸びてくるので、伸びすぎると血管も一緒に切らないといけなくなります。

愛犬が血だらけになりながら爪を切られる姿、見たくないですよね。

 

たまに「血管も切っちゃってください」って普通に言ってくる飼い主さんがいるんですけど…。

犬、かわいそうだなって思いました。

ちょっと呆れましたけどね、その時は…。

 

爪切りと耳掃除は本当に大切なんで、愛犬を大切に思うならやってほしいです。

 

あと、白系のカラーの犬を飼っている飼い主さんによく相談されるのが、涙やけなんです。

涙がよく出る子は、目の下に色がついちゃって、茶色っぽく涙やけができます。

 

めやにがでる子もいますね。

めやにが固まったやつを無理やり取ると痛いですし、その部分ハゲます!

なのでめやには固まる前に気付いたら取ってあげてくださいね。

 

涙やけは、色を薄くすることができます!

毎日か2日に2回くらいの頻度でやらないと効果はないですが、まずコットンを濡らして、涙やけを拭きます。

コットンが茶色っぽくなると思います。

 

それができたら、ドライヤーで拭いた目元を乾かしてください。

これを繰り返せば色が薄くなりますよ!

 

他にも涙が良く出る子は、フードが合ってないのかもしれないです。

なので愛犬の涙が気になる方は、フードを変えてみてくださいね。

涙やけ用フードとかありますよ!

 

お手入れってすごく大変だしめんどくさいです。

 

私の愛犬はコーギーでダブルコートなので、洗って乾かすの本当に時間かかります…。

でもキレイになったときの可愛さはハンパないです。

清潔なほうがにおいもしないですし、なにより健康ですからね。

 

多くの飼い主さんがある程度のお手入れができるといいなと思っています。

4月

10

犬の褒め方や叱り方、しつけは家族全員で

今日は犬の褒め方や叱り方についてお話したいと思います。

 

しつけの相談にいらっしゃる飼い主さんによく相談されたのが、

褒め方や叱り方がわからないということです。

 

「本に書いてあったように、目を見て黙る叱り方しているんですけど~」とか

「褒める時はなでていて、うちの子も喜んでくれてるんで大丈夫です」とか

もちろん、それで本当に効果のある子もいます!

 

でも「それじゃ効果ないというか、むしろ逆効果なんだよなぁ…。」

という時もあります。

 

「どうやって褒めたらいいんですか?」とか「どうやって叱ったらいいんですか?」って

聞かれますけど、犬の褒め方や叱り方ですが、犬によって違います。

同じやり方でも、効果がある子もいれば、ない子もいます。

 

「人間が性格違うみたいに犬も性格違うんですよ~」って飼い主さんには

そのことを先に話してます。

 

子供がいる人とかはよくわかると思うんですけど、

「褒めたら伸びる子」もいればそうじゃない子もいますし

「叱ったら落ち込む子」もいればそうじゃない子もいます。

 

私の飼っている8歳のコーギーは、褒める時「上手」とさらっと言うだけで、

自分が褒められていると分かってくれます。

逆に叱る時は「あっ」と言うだけで、自分が叱られているとわかってくれます。

 

でもしつけをしていて、褒めるより叱る頻度が多いと、

明らかに落ち込みます(笑)なのであんまり叱らないようにしています。

褒めて伸びる子ですね(笑)

 

他にも、言葉がなくても褒めたり叱ったりできる子もいます。

私が前にしつけをしていた2歳のプードルは、1歳が過ぎてからしつけを始めました。

その子はしつけを始めて1年くらいでマテと言って違う部屋に行ってから

ちょっと時間がたって戻ってきても、ちゃんと待てるまでになりました。

 

その子は褒める時、なにも言わなくても

拍手しただけで自分が褒められていることがわかります。

ピョンピョン跳んで喜びます(笑)

 

逆に叱る時は舌打ちをするだけで自分が叱られているとわかってくれました。

明らかに落ち込みました~みたいな顔してましたね。

 

そして、この子は褒めすぎると調子に乗るタイプでした(笑)

調子に乗ってワガママになりました。

元々すごい臆病な子だったんですけど、根は頑固と言うか、ワガママみたいで…。

成長していくうちに性格変わりました。

 

とはいっても私は結構気持ちが表情に出る方なので、

褒めている時はすごく笑顔で、叱っている時は結構しかめっ面です(笑)

 

他にしつけをした犬だと、大げさに「うまいね~!すごい!」と

声を大きくしないと自分が褒められているとわからない子もいました。

叱る時も大げさじゃないとわかってくれなかったです。

 

でもこれは、本当に犬の性格によります。

たとえば、よく飼い主さんの顔を見る犬は、人間の表情をよく見て行動できる子です。

そういう子は、大げさに褒めたり叱ったりしなくても、

飼い主さんが笑顔なのか、しかめっ面なのかということだけで

飼い主さんの気持ちをわかってくれます。

 

逆に表情から人間の気持ちを見られない犬は、声のトーンとか大きさで判断します。

 

飼い主さんが表情豊かであれば、犬もよく表情を見てくれるかもしれませんね。

 

でも褒め方や叱り方ってすぐには変えられないですよね。

前にしつけ担当していた犬で、

落ち着いて褒めたり叱ったりするほうが効果がある犬がいたんです。

 

それを飼い主さんに伝えたんです。

「家で褒める時とか叱る時は、落ち着いてやると効果があるので、やってみてくださいね。」

って。

 

でも飼い主さんが犬のお迎えにきた時に、近くにいた他の犬に向かって吠えたとき、

「こら!ダメやろ!」と大きい声で叱っていたんです。

そしたら飼い主さんの犬、さらに興奮しちゃって吠えまくってました…。

 

なかなか「こうしてくださいね」って言っても、すぐには変えれなくて、

意識するって難しいんですね。

 

しつけは犬だけの問題じゃなくて、飼い主さんの問題でもあるんです。

飼い主さんが大きい声だすことで余計に興奮しちゃってヒートアップ…。

 

しつけって本当に時間かかるし、むずかしいです。

 

あと、しつけ相談にくる飼い主さんと話していてよくあったのが、

家族のだれかしかしつけしてないんです。

 

たとえばお父さんとか、お母さん。

私がずっとしつけ相談を担当していた飼い主さんは、

最初は夫婦で犬を預けに来てくれました。

 

朝、連れてくるときはお母さん。

夕方、迎えに来るのはお父さん。

 

でも、数週間たつと朝も夕方もお父さんになっていって

話を聞いていても、お父さんしか自宅でしつけをしていないんです。

 

最初はお母さんも頑張ってくれたのに…。とちょっと寂しかったのですが、

今はしつけ担当はお父さんみたいです。

 

でもそうなってくると、お父さんの言うことしか聞かないとかになっちゃうんですよね。

しつけは本当に、誰かができるだけじゃダメです…。

家族みんなができないと意味ないんです。

 

うちのコーギーも私の時はできるけど、他の家族はしないとかありました…。

コツを教えたりしてなんとかみんなできるようになりました。

 

しつけは家族で協力してこそですね。

 

難しいけれど、コツを掴めば楽しいです。

飼い主さんにも楽しさを知ってほしいです。

3月

21

動物看護師の仕事について

〈動物看護師になったきっかけ〉

まず私が動物看護師になりたいと思ったきっかけをお話します。

幼い頃、物心ついた頃から犬や猫に囲まれて育ち、遊び相手はいつも動物でした。

中学生になり当時飼っていたマルチーズが病気になり、初めて動物病院に行った時に優しくて動物の言葉がわかるかのように治療する獣医さんに出会い感動した私は、獣医師を目指そうと思いました。でも大学が県内にないし、理数系が苦手なのもあり獣医師は断念。

 

当時は、動物看護師を養成する専門学校があまりなかったのです。

その専門学校も授業料が高額。私が育った環境では、高額な授業料を払えるわけもなく専門学校には行けませんでした。

どうしても諦めきれず、どうやったら動物病院で働けるか?考え、まずは動物に関する仕事に付く事が頭に浮かびました。高校3年生の時にトリマー見習いとして小さなペットショップでバイトしながら独学で学ぶ事を決めました。

 

そして、高校卒業と同時に動物病院があるペットショップに就職して、ペットショップで、病気やケガをした動物の治療を動物病院に依頼しながら動物病院の看護師や、獣医師とコミュニケーションを取り学びました。

しかし、実際にペットショップで働いてみると、ただ「動物が可愛い」という気持ちだけではできない職業だと身をもって感じました。命ある生体を扱い神経を使う仕事です。中途半端にやれる仕事ではありませんでした。新しい飼い主さんに辿り着くまでに病気になったり、治療のかいなく命を落とす動物もたくさん見てきました。

それを経験し、消えゆく命に対し、何も出来ない自分に苛立ちを感じていたのを今でもハッキリと覚えています。

「私も動物を救う手助けができるような人になりたい」と強く思うようになったのです。

ペットショップで販売の仕事をしながら独学で学び続け2年。20歳の時に念願の動物病院に就職できました。

動物看護師は獣医師のように国家資格ではありません。動物看護師になろうと思ったら誰でもなれる職業だとその時は、思いました。

しかし後に私は、ただ動物が「可愛い」「動物が好き」「私にも動物を救う手助けがしたい」という気持ちだけではできない職業だと就職した後になって痛感することになるのです。

まず入社したての頃は、専門知識もない私は、右も左もわからずただ呆然と立ち尽くし雰囲気に飲み込まれそうな毎日でした。無理もありません。ペットショップでの販売経験、知識とは、わけが違います。動物病院とはいえ、人間さながらの医療施設。たくさんの医療器具を目にします。

慌ただしく行き交う獣医師や先輩看護師。ただ、ひたすらそれを目で追うことしか出来ない自分。20年以上経った今でも覚えています。

もちろん病気に対する知識もなければ薬の知識もありません。専門学校を卒業していない私には全ての業務が未知の世界でした。

いちから覚えることが山積みで失敗するたびに「私は向いてないんじゃないか?」と自問自答する毎日、「辞めたい」と思った事もあります。

でも当時、私の指導役をしてくれた先輩看護師さんに、いちから丁寧に優しく教えてもらい持ち前の「負けず嫌い」「向上心」が役にたったのか、アッという間に2年という月日が過ぎました。

2年経っても日によって違う症例が来院します。毎日が勉強の日々でした。

2年、3年と過ぎ仕事にも慣れてきた私は毎日が、新鮮でやりがいのある仕事へと気持ちが変わったのです。入社当時の「私には向いてないんじゃないか?」「辞めたい」という気持ちは少しも残っていませんでした。

動物病院勤務が4年が過ぎた頃、日本動物看護学会の認定看護師の試験を受ける決心をしました。私は専門学校を卒業していないので、病院勤務歴が4年以上、院長の推薦がなければ試験を受ける条件をクリアできなかったのです。セミナー会場や試験の勉強会が私の住む県で開催されていない為、通信教育を受講し試験に挑みました。

毎日の激務もこなしながらの勉強は大変でした。わからない事は獣医師に教えてもらいながら受験の日を迎え無事に試験を終える事ができました。

努力は実を結び見事「合格」。認定動物看護師になる事ができました。

国家資格ではありませんが、2年に一度は更新をしなければなりません。更新できる条件が、院内セミナーや院外セミナーに出席し、ポイント獲得しなければ更新できないという条件でした。(※2015年以降、動物看護師統一認定試験に変わっています)

幸いにも私が勤務していた動物病院は、月に1~2回院外セミナーで獣医師が看護師向けに勉強会を開いてくれたり、医薬品メーカーが新しい薬品やフードのセミナーを開いてくれる病院でした。

認定看護師の資格を維持するために勉強を欠かさず更新をすることができたのも、個人のスキルアップに対して理解ある上司や仲間に出会えた事も維持できた大きな要因でもあります。その上司でもある院長の力を借り、指導を受けながら日本動物看護学会が看護師向けに発行する雑誌に私の論文が載った事もあります。それが評価され、チーフ看護師に昇格しました。

 

今でも「可愛い」「動物が好き」だけではこなせない職業だと思っています。

患者は小さな動物です。治療を施すのも小さな動物です。

しかし私達、獣医師、動物看護師が相手にするなは飼い主である人です。

飼い主さんにとって大切な家族の一員でもある小さな命を預かる職業でもあります。

時には、治療のかいなく小さな命の死を目の当たりにすることはたくさんあります。

その死を飼い主さんに伝えなくてはなりません。飼い主さんの泣き崩れる姿を見なければなりません。それは何十年勤めても慣れないものです。

私は、死に対して慣れてはいけないと思います。動物の死になれてしまうと、淡々と感情なくロボットのように決められた仕事しかこなすことができず動物に優しくできないからです。自分の愛犬、愛猫だと思って接していかなければ、動物が発する小さなSOSを見逃してしまいます。それを読み取れる動物看護師でなくてはいけないと私は、ずっと思って勤めてきました。しかし、感情をあらわにしすぎて冷静な判断ができなくなる場合もあるので、時には感情を抑えて飼い主さんに接していかないければいけない事もあります。感情のコントロールは難しいのも事実です。

 

その小さなSOSを感じ取る事で、飼い主さんに最後を看取らせる事ができるのです。

私の勤めていた病院では「助けられない…」と獣医師が判断した場合、病院で亡くなるのを見届けるのではなく少しでも飼い主さんとの時間を作る為に連絡をして迎えに来てもらうように心がけていました。残念ながら中には飼い主さんか間に合わず病院で亡くなることも多々あります。スタッフが飼い主さんの代わりとなり見届ける事もありました。

 

愛犬、愛猫の最後を看取れた飼い主さんは必ず最後に「ありがとう」と言ってくれます。

その言葉が「救ってあげれなかった…」という思いを抱く私達を救ってくれる事もあります。

 

同じ病院に、長年勤務し続けましたが、1日たりとも同じ内容の仕事はありませんでした。

退職した今でも「動物看護師」は私の誇りです。

 

長くなりましたが、次に動物看護師の仕事内容について説明していきます。

3月

21

シーズーに多い病気についての解説

▲心臓病

シーズーは、僧坊弁閉鎖不全が最も多い犬種です。我が家のお母さんシーズー、息子シーズー2匹も9歳の時に心臓に雑音が見つかりました。まだごく初期だったので症状もなかったのでしばらく定期的に(3ヶ月に一度)聴診してもらいながら過ごしました。もちろん食事はロイヤルカナンの療法食。心臓サポートに切り替えました。徐々に進行してACE阻害剤・利尿剤・強心剤が増え、お母さんシーズーは、心臓病末期の末、18歳で永眠しました。息子め同様に薬が増え何度か辛い状況にまで進行してしまいましたが、14歳・17歳で永眠しました。私は七歳を機に健康診断をマメに行い10歳を超えた時点で、健康診断は、半年に一回、聴診や触診(獣医師が手で腹部を触り異常がないかを診ること。)は3ヶ月に一回。

少してま変化を見逃すまいと治療を受けました。ご存知ですか?動物の一年は人間の四年分に価します。一年何もしなければ四年何もしないことになるのです。症状が出る頃には「手遅れ」の場合がほとんどです。少しでも長く一緒に、いたいですよね!七歳を過ぎたら動物病院でこまめに健康診断を受けさせる事をお勧めします。

 

▲内分泌異常

副腎皮質亢新進症(クッシング)

副腎とは腎臓の近くにある臓器で正常ならばエコー検査でも目にすることはできないくらい小さな臓器です。高齢のシーズーにもよくある病気です。

この病気は、見た目に元気で丸々と太っていたり良く食べるので発見が遅れる事が少なくありません。この病気は、脳の下垂体腫瘍性・副腎の腫瘍とこの2つが原因です。

犬の副腎皮質亢進症は、8割脳の下垂体腫瘍が原因だと言われています。

我が家のお父さんシーズーはこの病気にかかり、長い間治療しましたが、進行を止められず15歳を迎えてすぐ…肺血栓症で突然死してしまいました。

 

症状としては…

⚫良く水を飲む

⚫良くオシッコをする。

⚫食欲が増す

⚫お腹が膨らむ

⚫体重の増加

⚫背中が平らになる

⚫薄毛になる

副腎皮質亢進症は、特殊なホルモン注射をして血液中のホルモン濃度を測定やエコー検査することで診断がつきます。ぜひ七歳を過ぎたら健康診断と一緒に副腎皮質亢進症の検査もお勧めします。

▲皮膚炎

シャンプーのお話した時にもお伝えしましたが、シーズーは、マラセチア皮膚炎が多い犬種です。症状が出てくる場所が…

⚫顎の下⚫口のまわり⚫脇の下

⚫内股⚫肉球の間⚫肛門の周り

⚫腹部⚫耳の周り⚫しっぽの付け根

赤くなり痒みが強いのが特徴です。痒みが酷くてかきむしり皮膚炎が悪化して固くなり像の皮膚みたいになってしまいます。そうなる前にシャンプー療法や痒みが酷い時には坑ヒスタミンやステロイドを調節しながら投薬する必要があります。マメにシャンプーをして皮膚を清潔に保ってあげてください。

 

▲肥満

シーズーは太りやすい犬種です。おやつを控えたりドライフードを調節したりと肥満には気をつけてください。犬は、与えれば与えるだけ食べます。人間と同様に肥満が引き起こす病気はたくさんあります。

代表的な病気が「糖尿病」「高脂血症」「椎間板ヘルニア」「膀胱結石」などです。

食事管理は飼い主さんの手にかかっています!

我が家も食事管理は苦労しました…いくら私が食事管理を徹底しても…他の家族がおやつや人間の食べ物を与えるからです…みなさんの家庭にもそう言う悩みはあるかと思います。これを機会に家族で話し合い、みんなで協力して愛犬と長く一緒に過ごしてくださいね。

 

▲膀胱結石

肥満の話にも出てきましたが膀胱結石もシーズーが好発犬種です。

一番の原因は、体質なので完治は難しく食事管理のみでしか治療できません。

次に多い原因が肥肥満です。ドッグフード以外、色々とあげないようにしてあげると防げる病気でもあります。

 

▲歯周病・歯肉炎

シーズーは、アンダーショット(下顎が出てる)で他の犬種に比べ噛み合わせが悪く歯垢や歯石がたまりやすい傾向です。通常犬には虫歯というのはありません。しかし歯垢がたまり続けると歯石(歯を覆い尽くすほどの硬い固まりになること)になり歯石の下で細菌が繁殖して人間でいう歯周病になってしまいます。そうなってしまうと歯がグラグラして抜けます。

人間と同様に歯を悪くすると心臓病などを引き起こす原因になってしまうので、子犬の頃から歯磨きの習慣をつけると成犬になってからもスムーズに歯磨きができ歯周病・歯肉炎を防ぐ事ができます。犬には義歯や入れ歯はありませんから毎食後磨いてあげましょう。

お勧めの歯磨き製品は、ビルバックの歯磨きペーストです。歯ブラシは犬用もありますし、小型犬には少し大きいので我が家では、人の小児用を使用していました。こちらもお勧めです。

⚫モルト味

⚫チキン味     各1400円

「まとめ」

いかがてましたか?シーズーの飼い方について理解していただけたかと思います。

私も5匹のシーズーを見送ってきました…平均年齢をすぎ大往生したとはいえ、「もっとしてあげれることはなかったか?」と今でも自問自答しています。少しでも長い間、愛犬と一緒に過ごせることは幸せです。話ができない愛犬の為に飼い主さんの手で守ってあげてください。

追伸…私は今、15歳7ヶ月の雄シーズーと9歳5ヶ月の雄シーズーと12歳2ヶ月の、

アメリカンショートヘアと幸せに暮らしています。シーズーのいない生活は耐えれませんね。ちなみに15歳のシーズーはお母さんシーズーの孫です。血筋なのか?長生きしてます。

今まで、見送ってきたシーズーにしてあげれなかった事…3匹の家族にしてあげたいと思います。